大嶺海岸を歩くPart2

e38193e381a9e382823

私も呼びかけ人の一人として、大嶺海岸(那覇空港沖)を歩く第2回目を開催いたしました。

瀬長島から沖合まで、てくてく歩いて片道1時間半。

コバルトスズメや様々な種類のサンゴ、シャコ貝や成長期のウニが棲む、まるでプールのような礁池が広がっています。

←お魚捕りに夢中の子どもたち♪

子どもたちは夏休みに入っていることもあり、親子連れを含めて約30名の方々が参加してくださいました。そして、那覇空港第2滑走路沖合1310m案が計画されている場所であるため、県議や那覇市議を含む多くの議員のみなさまもご参加いただき、この地に残された豊かな自然環境を満喫していただきました。

e58b9de588a9e38195e38293e381a81ちなみにごく最近の新聞報道で、この大嶺海岸で子カメが海にかえる記事が載っておりました。

これまで沖縄の多くの自然海岸や干潟が復帰37年間の開発行為で破壊され、コンクリートで固められたり消滅してきました。那覇市環境部によると、ここがこれだけの自然が残っている要因として、那覇空港の立地により人の出入りが少なかったこと、そして河川流入がほぼないことが水質汚染を免れているとのことでした。今、泡瀬干潟の埋め立て事業の賛否が問われクローズアップされておりますが、ここの干潟はそれ以上の面積を有するともいわれております。

まさに「貴重」となってしまった沖縄の自然を財産として残すという視点と、沖縄の経済発展から那覇空港の拡張に伴う第2滑走路建設がどれほど重要性を増すのか、未来の沖縄観光のあり方も含めて埋め立てがされる前に、十分な検証と議論が必要になってきます。

党としてもこの課題にしっかり取り組むべく、書記長の当山勝利浦添市議も一緒に歩いていただきました。

これまでのコメント

  1. 遠藤正勝 :

    聡子様 ご無沙汰しております。遅ればせながら二期目の当選おめでとうございます。これからは自分の課題をしっかりと決めて深くえぐって探求してください。ともすると議員は総花的な課題で進みがちです。それはそれとして大切にしてください。しかし議員を数期務めたら大学の先生くらいの課題の知識を持ったとしても良いと思います。
     反戦も、自然問題、健康問題も・・・等とあれこれと手を付けて結局広く浅くとなって議員を辞めたときに振り返って見ると自分は議員活動で何をしてきたのだろうか・・・というような後悔だけはしないで下さい。
     二期目に入って一期目よりは周囲を見ることが出来るものと思います。議員活動は休み無しですが。体調管理をしつかりとして大きな成果を上げられんことを期待します。
    遠藤正勝 千葉県松戸市小金1709-51

  2. りん太郎 :

    又々登場 滑走路は 必要だけど 場所と入札指名業者 あと 計画立案管理業者 または 管理者に 問題点が 多いのではないかこれだけの大プロジェクト 沖縄の人々が少しでもいいから 経済的に恩恵をうけなくては 直接 間接問わず 何らかのかたちで

  3. satoko :

    ご提案ありがとうございます。
    またこの間、何度もコメントをいただき、本当に感謝です。
    諸事情でお返事が遅くなり、大変失礼しておりました。
    これからまたこの場で意見・情報交換できればと思っております。
    よろしくお願いいたします。
    那覇空港滑走路増設計画については、ご指摘のように、沖縄側から計画内容を深くチェックしなければいけないと思っております。費用対効果、沖縄観光の今後の在り方等々、あらゆる角度から検証して議会でも取り上げたいと思います。

この記事にコメントする

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project.